団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
奥日光(戦場ヶ原〜小田代原〜千手ヶ浜〜西ノ湖)を歩く 22:44

久し振りに奥日光戦場ヶ原へウォーキングにやってきました。

 

7:40

赤沼駐車場に降り立つと

すぐ近くのカラマツ林からカッコウの鳴き声がしてきました。

 

 

ストレッチをして体をほぐし、

赤沼駐車場のすぐ前の自然研究路を戦場ヶ原へと入っていきます。

 

戦場ヶ原に入ってすぐの湯川沿いにはいつ行ってもたくさんの小鳥が見られます。

まず姿を見せたのはシジュウカラ(写真中央)

のど元から胸にかけての黒い帯(ネクタイ)が目印です。

  コガラは頭の上の黒い帽子、ヒガラは黒いよだれかけ と覚えました。

 

 

枝に止まってて飛んでくる虫をジャンピングキャッチしていたのはコサメビタキ。

獲物をくわえています。

 

 

ニュウナイスズメ

ニュウナイスズメ。姿かたちはスズメそのものですが色がとってもきれいです。

 

 

アオジ

チュルリチュルリと控えめで静かにさえずるアオジ

アオジは毎年、全く同じ場所で見られるのでとても楽しみです。

 

 

湯川の木陰でくつろぐマガモのつがい。

 

 

湯川に沿った木道を歩き

目を凝らすと 川の藻の間にマスの魚影が見られます。

 

 

シラカバ林の芽吹き。

 

 

 

この辺りは木道の真ん中にズミの木が並んでいます。ズミの芽吹きはまだです。

 

 

戦場ヶ原の湿原は気温が低いので

枯れた植物が分解せず、土壌が痩せているため樹木の成長がとても遅いのだそうです。

 

背丈ほどもない小さな木でも何十年もの時を経ているのだそうです。

 

 

カラマツ林の芽吹き。

カラマツは針葉樹ですが、冬には落葉し、春にこんなきれいな新芽をふきます。

 

小田代原の西側にはきれいな木道が整備されていました。

 

 

小田代原より望む日光連山 (左から 山王帽子山、太郎山、小真名子山、大真名子山、男体山)

 

 

小田代原を眺めながらベンチでお弁当を食べました。

 

 

千手が浜へ

小田代原から千手ヶ浜に足を伸ばすとそこで建設中の建造物に出会いました。

 

人影もまばらなこの自然の中で

何の建物を建てるんだろうか!と近づいて工事の方に聞いてみると

なんと観光船を建造中ということでした。

 

夏の終わりごろ進水予定のこの船は

これから定員400人をのせる中禅寺湖の観光船として活躍するのだそうです。

 

湖の大型観光船はこのように現地で船台をこしらえて建造されることを初めて知りました。

箱根の芦ノ湖などの観光船もこの方式で作られたのだそうです。

考えてみれば大きな船を山の上の湖にまで運ぶことは不可能ですものね。

 

千手ヶ浜から男体山を望む。

 

 

千手ヶ浜湖畔のイチリンソウ。

 

 

  

 

千手が浜で出会った人から千手堂まで行くときれいなシャクナゲが咲いていると聞き

千手ヶ浜の西側湖畔から山沿いの道に入り アズマシャクナゲを見に行きました。

湖畔沿いの山道を15分ほど歩くとアズマシャクナゲの群生地がありました。

 

今年は花付きがもう一つと聞いていましたが、木陰にひっそりと咲く花はいつ見てもきれいです。

帰り道、明るい林の中で見かけたフデリンドウ。

 

 

カラマツ林を鹿の食害から守るネット。

 

最近、テープを巻き付けるだけでも鹿を遠ざける効果があることが判り、

手間とコストの面からこちらが圧倒的に増えているようです。

 

 

 

 

千手ヶ浜からの帰り、回り道をして西ノ湖に立ち寄り、

湖畔の切り株に腰を掛けておやつを食べました。

 

西の湖から小田代原にもどる途中のシラカバの若木の林がとてもきれいでした。

奥日光の自然の中で一日ゆっくり楽しむことができました。

| ハイキング | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
 ”佐久米駅”の思い出 18:13

龍潭寺に行った日、

奥浜名湖沿いに西へ足を延ばし、天竜浜名湖線の「浜名湖佐久米駅」を

数十年ぶりに訪ねてみました。

今は無人の駅になっていて

駅内に喫茶店 ”かとれあ”(この日は定休日でした)が入居しているのが不思議な感じです。

 

毎年12月から3月にかけてユリカモメの大群がここにやってくるそうで

その時期、この喫茶店で午前10時ごろ餌やりが行われるそうです。

 

この辺りの海岸は波は静かで海流もなく安全なため

私たちが子供の頃、夏は海水浴客で大変賑わいました。

 

というのはその頃はマイカーなどもっている人などいなかったので

”電車の駅を降りたらすぐ海” の佐久米海岸はとても便利だったのです。

 その頃は「二俣線佐久米駅」だった。

 

今は、駅の前を東名高速道路が通り風景が一変してしまいましたが

当時は辺り一帯が遠浅の静かな湾でした。

 

アサリもいっぱいいて、海に入った時、足の下の砂利だと思ったのは、すべてアサリでした。

 

来てみると

眼の前に東名高速道路が出来てしまったおかげで

「記憶の中の風景」とは随分変わっていました。

 

折しもホームに入ってきた電車も随分カラフルで昔の面影はありません。

 

浦島太郎になってしまった気分です。

 

 

数十年前、大勢の海水浴客で溢れ返っていた駅が今は無人駅で

最近の乗降客は一日あたりたった20~30人前後だそうです。

電車の本数も一時間に一本か二本だそうで、線路上には草が生えていました。

 

小学生だった私が

人で一杯のこのプラットホームに、両親、姉妹と降り立ち

列をなして海の家に向かった日のことを思うと感慨無量でした。

 

| 乗り物 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
おんな城主直虎 ”龍潭寺”〜”井伊谷宮”〜”井伊谷城跡” 行きました! 22:04

帰省の折

NHK日曜夜の大河ドラマ”おんな城主直虎”の主人公、井伊直虎の菩提寺で

ドラマに頻繁に登場する龍潭寺へ行ってきました。

 

「行ってきました。」とは言っても

実はこの近くを流れる都田川には以前からよく釣りにきていたので、

ちょっと立ち寄った!という感じです。

 

しかし、恥ずかしながら、

テレビでドラマが始まるまでは、龍潭寺の存在も井伊家の由来も全く知りませんでした。

 

 

龍潭寺の歴史は古く、

なんと奈良時代に行基によって開創され、平安時代から井伊家の菩提寺とされているそうです。

 

 

下は外から見た龍潭寺と庭

下は龍潭寺の中から見た庭園

 

寺内に入るとすぐにご本尊の釈迦牟尼仏が鎮座していました。

仏像の胸の辺りにある傷は明治初年に起きた廃仏棄釈の混乱時に付けられたものです。

 

御本尊と並んで後醍醐天皇の王子宗良親王のご位牌も祀られていました。

ということは井伊家直虎の時代より200年以上も前の南北朝時代の頃から

歴史上重要な役割を果たしていたということです。

 

本堂の裏には ”小堀遠州”作の国指定名勝庭園があります。 

寺の縁側に座ってしばし案内放送を聞きながら 石が表現する禅寺の庭を鑑賞しました。

 

庭の景色に奥行きと雄大さを与えるために

右手前は石が密に配置され左に行くに従ってまばらに置かれているそうです。

 

本堂を出て裏のほうに歩いていくと

井伊家の墓地があり、その中に直虎や直親、直政の墓もありました。

直虎と直親は隣りあって眠っています。

 

 

 

更にその先には、後醍醐天皇の皇子 宗良(むねなが)親王のお墓があり

中には入れませんが、外から見ると小高い丘になっていました。

 

 

 

 

 

宗良親王を祀っている井伊谷宮

 

 

 

 

南北朝混乱の中、後醍醐天皇の皇子ゆえに

思惑で担がれては時代に翻弄された無念さがうかがえます。

 

 

 

龍潭寺を出て、井伊谷城跡へ

 

 

 

井伊谷を一望できる丘陵に築かれた井伊氏の城跡で今は城山公園になっています。

 

 

 

 

井伊家の菩提寺である龍潭寺から井伊谷を巡るルートを歩いてみると

直虎が生きていた時代が少しだけよみがえる思いがしました。

| 史跡 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
宮古島5日目 最後の日 23:00

今日で宮古島観光も最終日となりました。

 

帰りの飛行機の時間は午後3時過ぎ、

時間に余裕があるので”水中観光船”に乗船することにしました。

 

10:00  

分厚い耐圧ガラス越しに見ると海の中は少し濁っているように見えますが

水は透明で海中深く遠くまで生き物の姿が見えました。

 

魚たちは、

水中観光船が魚を寄せるためにエサを撒く事を知っていて

船に並走して追いかけてきます。

 

ただし、漁船がこの魚たちを狙ってやってきてもエンジンの音を聞き分け

姿を隠してしまうそうです。

 

下の写真、幅広で大きい魚が ”イスズミ”で やや細いのが”アイゴ”です。

色とりどりの魚のほかにも

多種多様のサンゴや深みをゆったりと泳ぐ巨魚、

海藻を食むウミガメ、のたうつウミヘビなども見ることができました。

海の中は船底がサンゴ礁にぶつかりそうなくらい浅い所があるかと思うと

吸い込まれそうに深く落ち込む谷があったりして変化に富みとても神秘的でした。

 

多くを期待せずに観光気分で乗った水中観光船でしたが、

思ったよりもずっと楽しめました。

 

 

 

空港に戻る前にまだ時間に余裕があったので道すがら

川満漁港近くに広がるマングローブ林に立ち寄りました。

 

マングローブとは熱帯、亜熱帯の汽水域の塩性湿地に生育する植物の総称ということで、

代表的なものにオヒルギやメヒルギがあります。

 

軟弱な地表で樹体を支えるため「たこ足根」や「板根」があったり、

水に浸かった状態でも呼吸できるよう「屈曲膝根」のような生きるための工夫があるそうです。

 

樹体を支える「たこ足根」は ヤエヤマヒルギの特徴です。

 

 

 

  水に浸った状態でも空気を取り込めるための「屈曲膝根」は オヒルギの特徴です。

 

 

 

マングローブ林を出て

最後にレンタカーを返却し空港へと向かいました。

 

宮古島諸島は那覇から300km、東京から2000km離れた地にあり

宮古島を中心として大小8つの有人島

(宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島、多良間島、水納島)で構成されています。

今回はこの中の5島を巡ることができました。

 

島々はおおむね平坦で低い台地状、山岳部は少なく一番高い所でも標高110m余りで

河川や湖沼もなく、生活用水のほとんどを地下水に頼っているそうです。

 

 

 

宮古島は美しい自然と白い砂浜、サンゴ礁の海中景観など豊かな自然に恵まれ

沖縄の海で一番美しいといわれています。

 

 

この美しい自然がこの先もいつまでも残りますように!

と願いながら宮古島を後にしました。

 

| 旅行 | comments(2) | - | posted by イロハモミジ
宮古島4日目 21:51

宿泊地のすぐ近くに ”うえのドイツ文化村”というのがありました。

 

なぜ宮古島のこの地に ”ドイツ文化村” などと言う名前がついた施設があるのだろうか?と

不思議に思っていたのですが、そのわけがわかりました。

明治時代、ドイツ商船がオーストラリアに向かって航行中、台風にあい遭難した際

ここ上野村の住民が危険を冒して救助に向かい、乗組員全員を助け、手厚くもてなし帰国させたそうです。

 

7:23

朝の散歩に

海岸沿いを散策できる遊歩道を その”うえのドイツ文化村”の方へと歩いていきました。

7:24 

途中、懲りもせず釣り竿を振りながら歩く主人。

ガーラという魚を狙っているようですが、

7:25 今日も釣果はなさそうです。

 

 

ドイツ村の敷地内に入ると

そのゆかりの地にドイツのマルクスブルグ城を再現した記念館や

ドイツメルヘンの世界をテーマにしたキンダーハウスなどがありました。

 

近衛文麿公直筆の記念碑

 

ここはドイツ文化と宮古島の美しい自然を満喫しながら楽しめるテーマパークになっているようです。

 

 

 

 

朝食の後、一休みしてから宮古島の西にある前浜ビーチに行きました。

11:04

前浜ビーチは沖縄でも一番美しいビーチといわれているそうで

純白の砂浜とエメラルドグリーンの海では様々なマリンスポーツができ、

美しいサンセットを見ながら海水浴も楽しめるとあります。

 

またトライアスロン宮古島大会のスタート地点としても有名です。

海の向こうに来間大橋に続く来間島が見えます。

 

そのあと三度目の伊良部大橋を渡り、下地島へ。

下地島空港で是非とも ”タッチ&ゴー” を見たかったからです。

 

12:44 (飛行場の脇の海岸で飛行機を待っているところ)

 

下地島空港はパイロットの離着陸の練習飛行場として有名です。

飛行機は左端の長い桟橋の上空から誘導標に沿って降りてきて

着陸するやまたすぐにエンジンを再起動させてこんどは離陸していきます。

この一連の動作は ”タッチ&ゴー” と呼ばれ下地島空港の名物となってきました。

 

私たちが到着し、飛行機を待ち始めるとまもなく小型の飛行機が爆音とともに現れ

一度目はそのまま通過し、二度目と三度目にお待ちかねの タ”ッチ&ゴー” をやってくれました。

 

そのあと1〜2時間、海岸で釣りをしながら遊んでいたのですが

もう飛行機はやってきませんでした。

写真は撮れませんでしたが貴重な経験ができて幸せな気分になりました。

 

 

ホテルに帰る前に宮古島市総合博物館と熱帯植物園に行きました。

16:37  熱帯植物園にいた宮古馬

 

日本在来8馬種の1つで、

体高120cmと小柄です。(サラブレッドの体高は170cm位)

粗食に耐え、サトウキビ畑などで働く農耕馬として利用されてきました。

1991年に沖縄の天然記念物に指定されたそうです。

 

 

熱帯植物園の林の中で偶然 ”シロハラクイナ” をみることができました。

写真の真ん中にいます。

 

 

標識に「トックリキワタ」とあったので頭上を見ると

木の実が割れて綿状のものが風に揺れていました。

 

毛綿の先に付いた無数の種子がタンポポの種のように風に乗って飛んでいくそうです。

 

 

ナンヨウスギの並木。

 

 

ダイオウヤシの並木。

 

このようにして4日目も存分に楽しみました。

| 旅行 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
宮古島3日目 22:37

一日目と二日目に宿泊したアトールエメラルドホテルからは

眼下に平良港を見下ろすことができます。

8時過ぎ元気なかけ声が聞こえるので窓の外を見おろすと

昨夜から停泊していた海上保安庁の巡視船「みやこ」から屈強な若者たちが降り立ち

体操をしていました。

体操の後、格闘技の組手練習もありました。

尖閣諸島の緊迫した局面で登場したこの艇をテレビで見たことを思い出しました。

 

今日はここをチェックアウトして宮古島市上野宮国にあるシギラリゾート内の

長期滞在型ホテルのウェルネスヴィラブリッサに泊まる予定です。

9:30  窓際で記念撮影してホテルをあとに。

 

10:45  

今日も伊良部大橋を渡りました。

 

目ぼしい川があると何か釣れるのではと 浮足立って釣り竿を繰り出す主人ですが

そう簡単には魚は釣れません。魚の気配もなかったようです。

橋の欄干のサシバの像の隣りにイソヒヨドリが様子を見にきました。

サシバは

秋に本州から宮古島を経て東南アジアに渡っていく小型のタカで宮古島のシンボルです。 

 

車で走っていると公園内に

見たことのない花をつけた樹木を見つけました。

スマホで調べたらデイゴ(マメ科)という 沖縄県の県花でした。

 

”島唄”にも出てくるので名前は知っていたのですが実物は初めてです。

 

デイゴは

根の力が非常に強い木で 家の近くに植えるとデイゴの根が家を持ち上げ壊してしまうそうで

沖縄では ”やしきこわーさー(屋敷壊さー)と呼ばれているそうです。

もう咲き終わりの頃でしたが 鮮やかな朱色が満開の時の見事さを想像させてくれます。

 

 

 

その同じ公園で羽を広げた大迫力のサシバの姿があったので近づいて見ると

なんと子供の滑り台でした。

サシバは宮古の人達にとって相当馴染みのあるシンボルなんだなあと感心しました。

 

次に向かったのは ”佐和田の浜”です。

日本の渚百選に選ばれた天然ビーチで 遠浅の海に奇岩が点在しています。

11:25

 

伊良部島の北西部にあるこの佐和田の浜は、
数多くの大岩が沖合に転がっている一風変わった風景の海岸です。

この大岩は 江戸時代中期の大津波によって運ばれてきたそうです。

 

11:38

遠浅で水深が非常に浅いため游泳には適さない。

 

岩を捲ると小さな貝やヤドカリがいっぱいひそんでいました。

 

 

海藻の間にはたくさんのナマコを見つけました。

浅瀬でエサを狙うクロサギ。

上は 普通「シラサギ」ですが「白色タイプのクロサギ」というのもいるそうなので

断言はできないと主人が言ってました。

 

砂浜には 

グンバイヒルガオ(ヒルガオ科)

  海岸の砂浜に多く見られ、茎は地上をはい、3〜5mにもなり広く拡がる。

  名前の由来は、葉の形が軍配扇に似ていることからつけられた。

 

丁度お昼どきになったので

佐良浜港の名物マグロカツオ丼を食べました。

「ここのカツオは、沖のパヤオ(浮き漁礁)に居ついているカツオなので

本土の初ガツオや戻りガツオとは微妙に違う味だね!」

と主人が言っていましたが、私にはよくわかりませんでした。

 

 

夕飯は、琉球の風 南風屋台村(ばいかじやたいむら)というところで

三線ライブを聞きながら沖縄料理を頂きました。

 

| 旅行 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
宮古島二日目 22:05

二日目は、まず

宮古一の景勝地と言われる東平安名崎(ひがしへんなざき)へ行きました。

 

宮古島の南東に突き出た長さ約2辧幅最大160m、高さ約20mの細長い半島で

太平洋と東シナ海に面し、隆起サンゴ礁の石灰岩から成り立っています。

 

岬の先端の灯台からの眺めは圧巻だそうです。

10:22

 

 

10:36 

平安名埼灯台の上から歩いて来た道を振り返ると

言われたとおりの素晴らしい景観に立ち去りがたい思いです。

 

 

 

 

10:55

灯台入口で係の方が宮古島の歴史などを説明してくださったあと

沖縄民謡を歌いながら三線の生演奏を聞かせてくれました。

 

 

ハマウド(セリ科)

 

 

シマアザミ

 

 

 

 

11:00

テンノウメ(別名イワザンショウ)

 

名前のわからない花もあり

灯台の周りにはいろいろな花が咲き乱れていました。

 

 

 

いよいよ伊良部大橋を渡ります。

 

2015年1月31日 宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が完成。

 

全長3540m、語呂合わせで ”サンゴの島” の橋と称され

これで宮古の5つの島(池間島、来間島、宮古島、伊良部島、下地島)が陸路でつながりました。

 

伊良部大橋は 無料の橋としては日本一長いそうです。

 

海の色は例えようのない美しさ、

ただきれい!きれい!と連発しながら伊良部大橋を渡り

伊良部島のヤマトブー大岩付近から伊良部大橋を背景に記念写真。

 

橋の最高部は干潮時には水面から30メートルにもなるそうです。

 

16:20 渡口の浜 白砂が美しい!

16:46 下地島にある通り池

 

沖縄県指定天然記念物だそうで

海岸近くにある二つの池は、水底でつながり、さらに岩の下のトンネルで海に通じています。

 

通り池には色々の種類の魚が住んでいます。

特に台風などで海が荒れた時にはたくさんの魚が避難してくるそうです。

 

二日目はこのあと

来間大橋を渡り来間島にもいったあと宿に帰りゆっくりしました。

 

| 旅行 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
宮古島-伊良部島に行ってきました。 20:02

主人の知り合いが今年4月から

沖縄の伊良部島で民宿を始めたので、観光がてら訪ねて見ることにしました。

 

羽田から宮古空港に降りたつとロビーで迫力のシーサーがお出迎え。

  15:15

近づいてみるとなんと全身がシャコガイを始め色々な貝殻で出来ていました。

アイデアは勿論、各貝の特徴を巧みに使った余りに見事な作品だったので

家に帰ってから調べてみると牛山リコさんという

造形美術家が2年4か月の歳月をかけて制作したものだそうです。

 

 

 17:00

沖縄は東京よりも日没が数十分も遅いので、

ホテルにチェックインしたあと、

島の北西端から海中橋(池間大橋1425m)を渡って池間島に行きました。

 

池間島の先端には小さな灯台があるだけで閑散としていましたが、

藪の間の小道を抜けて海岸に出てみると

 

17:23  白い砂浜

眼前にエメラルドグリーンの海と足跡一つない真っ白な砂浜が

私たちのためだけに用意されたかの様にひろがっていました。

 

 

17:41 湿原

灯台を挟んで海の反対側には池間湿原が広がっていて

わずかな時間に運よくシロハラクイナを見ることができました。

 

18:06 西平安名崎

池間大橋を戻って宮古島本島の西の端、西平安名崎に立ち寄りました。

 

 

先程渡った池間大橋を背景に記念写真。

 

宮古島は6時半を過ぎてもまだ明るく海はきれいです。

ホテルに入る前に思いがけず素晴らしい時間を過ごせたので

何だかすごく得した気分になりました。

 

そのあとホテル近くで食事して一日目が終わりました。

| 旅行 | comments(3) | - | posted by イロハモミジ
ハゼの甘露煮とからし菜 19:56

今日は立春、

暖かな春の陽ざしに誘われて荒川土手に行き、からし菜摘みをしました。

土手一面がからし菜の黄色に染まり、もう春がきていました。

 

 

夕飯には主人の要望に応えて圧力鍋でハゼの甘露煮を作ってみました。

このハゼは

昨秋ハゼ釣りのメッカ南伊豆の青野川で釣ったものです。

 

青野川のハゼは、頭が小さくて姿形が美しことで釣り人の間では有名だそうですが、

骨まで柔らかく煮えてお味の方も素晴らしかったです。

川の幸と野の幸とで充足した一日でした。

 

 

 

| 料理 | comments(3) | - | posted by イロハモミジ
今年もよろしくお願いいたします! 10:41

 

    

お世話しなくてもちゃんと咲いてくれるシャコバサボテンです。 

   今年もよろしくお願いいたします!

 

 

下は昨年末に行った沖縄残波岬の忘れられない風景です。

 

12月末だというのにホテルの軒先には ツバメが沢山飛び交い

夜、近くのサトウキビ畑では クツワムシやマツムシが鳴き盛っていました。

 

主人がいうには タイワンクツワムシだろうとのことです。

ガシャガシャの音色が本土のものとはやや違うらしいです。

 

 

 

 

| その他 | comments(3) | - | posted by イロハモミジ
| 1/71 | >>