団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オニユズ  14:55
これもまた散歩道の途中でのことです。

中学校の校庭のすみっこに柑橘系の木が一本植わっていて
ここ数年の間、年々少しずつ成長を続けていました。

いったいどんな柑橘がなるんだろうかと楽しみにしていたのですが、
俗に「桃栗3年、柿8年、梅は酸い酸い13年、ミカンの馬鹿たれ18年」とか言われるように
ミカン類は実生から結実するまでの期間が長いようで
さっぱり実をつけませんでした。

それがついに昨年一つだけ実を結びました。
一体どんなミカンがなるのかとても楽しみにしていたのですが、
正体を見極める前に落下してしまいました。

今年は昨年とは比較にならないほどたくさんの花が咲き、
いよいよ本格的に実をつける時期に来たんだと確信して見守ってきました。

夏の暑い盛りには、
濃緑に茂る葉っぱにうもれて同じく濃緑の握りこぶし大に育った実をいくつも数えあげる程になりました。

それらの実は、私の予想を超えてどんどん大きくなり
晩白柚ほどの大きさになりました。

それにつれて果皮もデコボコになり、
秋の深まりとともに黄色に色づき、今まで見たこともない柑橘になりました。



ずっしりと重たそうにたれさがった実が10個以上も
黄金色に色づき、緑の葉かげから堂々とした姿を現しています。


この奇怪な柑橘の名前を調べようと思っていた矢先、
帰省した田舎の産直販売のお店で
同じものが店頭に並んでいました。

名前は、”オニユズ”(別名 獅子ユズ)でした。

そういわれて見ると 葉っぱも実の形もユズとそっくりです。


こちらは、近所の普通のユズの木、小さめのユズが鈴なりです。


一体、オニユズはユズが巨大化したものなのか?
晩白柚がデコボコになったものなのか?
実の中身はどんな風になっているのか?味はどうかな?
などと、興味は尽きません。

今度販売していたら購入してその正体を確認しようと思っています。
| 植物 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
スポンサーサイト 14:55
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>