団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
指をくわえて タラの芽 を 見守る!  15:41
 

3月20日撮影 
 
マンションの植え込みの中にタラの木を見つけました。

タラの木はフロンティア植物と言われ、
伐採された山などに先ず生えてくる木々の一つなので、
おそらく鳥が運んできたタネが発芽したものかと思います


タラの木は芽が膨らみ始め、もうすぐ美味しいタラノ芽がでてきます。
ちょっと人目につきにくいところに生えているので、
誰も気付いていないかも!
しかし マンション住人の中には 森林インストラクターのJさんはじめ私よりずっと植物に詳しいひとたちがいますから 
当然 彼らも気が付いてタラの芽が出てくるのを待っているかも!
などと いろんなことを考えてしまいます



タラの木は
木肌が鱈の皮目に似ていることに由来するのだそうです。

今でこそ山菜の女王などと呼ばれて珍重されていますが、
主人が子供の頃は、「シビトバラ」と呼ばれ棺桶に入れる杖として使われたそうで、
その芽を食べることなど思いもよらなかったそうです。

4月1日撮影 

ちょっと見ない間にもう食べ頃になっていましたがまだ無事でした。


販売されている栽培物とは違って勢いがあって天ぷらにしたら いかにも美味しそうです。

どうせ植栽の手入れの際、 伐採される運命なんだから、
私達が食べてしまおうかとも思いましたが、なんとなく決心がつかず見送りました。

4月4日撮影 

あれから3日たっただけなのに
もうこの生育、天ぷらにしようにも 鍋に入りません。残念。
でも気持ちは晴れ晴れです。
| 植物 | comments(3) | - | posted by イロハモミジ
スポンサーサイト 15:41
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








義弟の家のタラの芽をいくつかもいできた。山間のタラもほどよくなった頃、誰かが採っていく。タラの芽争奪戦は熾烈でっせ。暖かくなったので作男の活動開始、月末は田植え、肉、魚以外は自給自足なので、農作業の手伝いの後の朝食の最中、おおジュース作るべ、とにんじんを10本ほどえいやっと抜いてきて、はっさくを加え、あっという間に食卓に、なんちゅう贅沢。6年前大病を患った妹が元気なわけですわ。けど、TVでやってる<人生の楽園>ほどうまい話はなく、夫婦ともいまだにそれぞれ別の仕事で働いています。わっしら夫婦も相変わらず、遊びながらも働いとります。とほ。
posted by 作男 | 2013/04/12 8:37 AM |
末娘のところに孫が生まれて家内は手伝いに行ってしまった。お陰で一人でボソボソ生活しています。こういう時オジイは家族の中で末位の存在であることがはっきりしてしまいますね。偏った食事をしていると何を食べたいのか自分でもわからなくなってしまって、スーパーの中をうろうろしています。
子供の頃、額に三角の布をつけて棺桶に収められた仏の傍らにタラの木の棒が添えられているのを見たことがあります。あの世へ向かう途中足元に纏わりつく亡者どもをトゲトゲの棒で追い払うため、死に装束になくてはならないものだったようです。そんなわけでタラの芽を食べる習慣がなくそこいら中にタラの木があった。
早く田舎に帰って昔のように遊びたいものです。
posted by イロハの亭主 | 2013/04/16 8:47 PM |
作男さん!コメントありがとうございます。

もう田植えの時期になるんですね。

空気の良いところで美味しい作物を育てながらの生活、本当にうらやましいです。
野山に出ると自然からエネルギーをもらえますね。

この先も健康第一でいきたいものです。
posted by イロハモミジ | 2013/04/19 11:29 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>