団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
周りをよく見ればキクラゲがいっぱい! 18:55
 以前、森林インストラクターJさんから
マンション内の桜の木にキクラゲが生えていると聞かされて
半信半疑だったのですが、
梅雨時、実家の生垣の陰の枯れ木にそれらしきものを発見しました。

調べてみると正確には”キクラゲ”の近種の”アラゲキクラゲ”であることが判りました。

”キクラゲ”が白っぽいのに対して
”アラゲキクラゲ”は褐色で表面に産毛が生えているのが特徴です。

”キクラゲ”の方がやや北方に分布し、
日本から東南アジアにかけては、
この”アラゲキクラゲ”が一般的で同じ様に食用にされていて普通「キクラゲ」で通用するそうです。

キクラゲは「木耳」と書きますが
見た目が人の耳にそっくりで、食感がクラゲにそっくりだから「木耳」とかいてキクラゲと読ませるんだということがよくわかります。


晴れて乾燥した日が続くとこんな姿になっていました。
これではちょっと「きくらげ」には見えません。

これに似た毒キノコはないということなので、
思い切って食べてみることにしました。

とりあえずキュウリと合わせて味ポンをかけ恐る恐る食べてみると、
臭みなど一切なく、とてもよい食感であっというまに食べてしまいました。

味をしめて次の日には炒め物にしたらこれまた美味しく頂けました。

「キクラゲ」のことが判ってからは
あちこちでキクラゲを見つけることができるようになり、
これからは雨の日の楽しみが一つ増えました。
| 植物 | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
スポンサーサイト 18:55
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>