団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
北アルプスの双六岳(2860m)へ 二日目(わさび平小屋から双六小屋へ) 20:10

ワサビ小屋の朝食は4時半から。

朝食を澄ますと皆さん手際よく身支度を整え、次々と出発していくので

遅れをとるまいと気がせきます。

 

5:20

大半の人達は、小屋の前の登山道を双六岳方面に向かいますが、

一部の人達は、

道を少し戻ったところにある笠ヶ岳登山口を目指して反対方向に下っていきます。

 


 

 

5:25

5:40  

整備された登山道を20分ほど歩き山塊の山裾に取り付くと

いきなり雪渓が現れました。

アイゼンを付けるほどではなかったのでそのまま滑らないように慎重に歩きます。

 

5:45  雪の道はすぐ終わり砂利混じりの道を快適に。

 

深緑の林の中にサワウツギのピンクの花が鮮やか。

 

 

5:47  

 

5:50  整備された道を離れて小池新道へと入ります。


6:50  わさび平小屋から丁度90分、秩父沢の水場で小休憩。

 

雪解け水が流れる川には、登山者のために7月中旬から10月上旬まで

板の橋がかかっていますが、それ以降は外されているそうです。

 

7:00  もう一度雪渓を横切りながら沢沿いの登山道を進みます。

 

7:20 イタドリが原

 

7:40  ミヤマキンポウゲ

 

8:00  クロバナエンレイソウ(ユリ科)

 

8:50  キヌガサソウ  (ユリ科)

 

いろいろな高山の花を見つけながら気持ち良い歩きが続きます。

 

 

9:20  鏡平山荘に到着。  

 

 わさび平小屋からちょうど4時間、鏡平山荘に到着。

 ガイドブックとぴったり同じ歩行時間なのでちょっと自信が湧きました。

 

  背景に、左から槍ヶ岳、穂高連峰の山々が連なり、槍ヶ岳の小槍もはっきり見えます。

 

9:20  

鏡池は風が止まりさざ波がおさまると文字通り鏡のように北アルプスの名峰を映し出します。

 

この美しさを見るためだけにここまで登ってきて

山荘に宿泊するという人たちもいるそうですが、納得です。

9:40 小屋前のベンチで小休憩して出発。

      ”かき” の旗がひらひらしてますがそれは帰りのお楽しみ。

 

10:30

10:40

この辺りから歩くペースがだいぶ遅くなり、空気が薄くなったのを感じ始めました。

 

 

弓折岳への分岐  2592m

11:20

 

 

 

11:30  眼下(写真中央あたり)に先程休憩した鏡平小屋の赤い屋根が見えます。

 

 

11:32

11:44

11:48

11:58

12:02  

花見平のお花畑の前のベンチでお昼にしました。

      白く咲いているのはハクサンイチゲ。

12:05 ベンチの前は白く光る雪が残りその上を吹き渡る風はひんやりと心地よい。

      双六岳から下山してきた人たちと交錯しました。

 

 

12:45  片側はザレ場なのですれ違う時十分注意しないと怖いです。

 

 

12:46 

    ”前方に見えてきたのは多分鷲羽岳だよね!”

     初めて見るけれどまさに鷲が羽を広げた姿を連想させます。

 

    その手前、はるか山あいに本日の宿、双六小屋(赤い屋根)が見えました!

 

 

13:25  

  やっと双六小屋の近くまでたどりつきました!  

    小屋の手前には色とりどりのテントがはられています。

 

 

13:32  

      双六小屋到着!  今日の宿泊地です。

        安心したら疲れがどっと出てきました。

 

 

13:38  背後に悠然と鷲羽岳! 

            美しい姿です!

 

このあと、小屋でリュックをおろし、宿泊手続きを済ませ、

くつろいで明日の天気予報を聞いたところ

明日から天気は下り坂、雨もあるとのこと。

 

折角ここまできて、雨の双六岳かとがっくりしていると 

山小屋のスタッフさんが「お客さんこれからでも登れますよ!」

これから双六岳を往復すると2時間半で夕食にも間に合うとのこと。

 

これまで8時間以上も歩き、疲れ切っているので、どうしようかと迷ったのですが

雨の中を歩くより、頑張って今日のうちに双六岳に登ってしまおう!という結論になり

高齢の疲れた体に鞭打って、再び登山靴に足をいれ、靴紐をきつく結ぶことになりました。

 

 

| | comments(0) | - | posted by イロハモミジ
スポンサーサイト 20:10
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>