団塊おばさんの外に出て自然と遊ぼう!!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ベトナム・カンボジア旅行 5日目(シェムリアップでアンコール遺跡群観光) 20:16

5:00 カンボジアのシェムリアップで朝を迎えました。

シェムリアップは、アンコールワットまで約6辧0篝彜儻の拠点です。

 

          6:50 ホテルの部屋から 

 

今日はアンコール遺跡群を観光します。

 

アンコール遺跡は、カンボジア北西部に位置し

9世紀から15世紀にかけてインドシナ一帯を制圧したクメール王朝の首都跡です。

代表的な遺跡はアンコールワットとアンコールトム。

ワットはヒンドゥー教、トムは大乗仏教の影響が色濃いようです。

1992年にユネスコの世界遺産〈文化遺産)に登録された貴重な遺跡です。

 

 

8:00 ホテル出発し、アンコール遺跡群観光のチケットを買い、

    チケットに貼り付ける写真をとりました。

 


 

 

まず タ・プロム寺院へ

9:03

タ・プロムは、アンコール遺跡群の一つで12世紀末に仏教寺院として建立され、

後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている遺跡です。

 

遺跡にガジュマルの木が食い込んでいます。

遺跡に食い込む樹木の余りの浸食の酷さに修復作業が計画されたのですが

熱帯の巨大な樹木は遺跡を破壊しているのか、

それとも今や遺跡を支えているのか、、

という議論がわき起こり、この遺跡の修復方針をめぐって

ユネスコを中心とした活発な議論が継続中だそうです。

 

タ・プロム寺院観光の後、

ランチ。中華料理レストランへ

 

カンボジアは一年を通して温暖で湿度が高く、雨期と乾期に分かれています。

5月から11月が雨期なので12月は乾期になります。

 

服装は日本の夏服でいいが、アンコール遺跡群は宗教施設でもあるので

肌の露出はなるべく避けること!と言われました。

 

昼食後レストランを出て一度ホテルに戻りました。

陽射しがとても厳しいので暑さを避けるためホテルで1時間ほど休んで

15:00ホテル発、アンコールワットへ。

 

バスを降りて川にかかった浮き橋を渡り

 

石畳の長い道を歩いていくと

15:38 正面にアンコールワットが見えてきました。

 

アンコールワット

 

サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味し

人々はアンコールワットを中心に、ここを一つの宇宙世界と考えていたそうです。

 

 

その遺跡群を代表するのは、ヒンドゥー教寺院建築。

大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、

カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれています。

 

 

こちらは石段に補助階段と手すりがついていて登れるようになっていました。


 

 

こちらには

民族衣装を着た人たちが、観光客と写真に納まる為、勢ぞろいしていました。

 

 

アンコールワット観光終了後、クッキー店で買い物。

夕食は、アプサラダンスショーを見ながらバイキング

19:32 手と足の形がユニークで印象的です。

 

 

21時 ホテル到着。

 

珍しいものを沢山見たり聞いたりしたので興奮状態でしたが

ぐったり疲れたのであっという間に眠りにつきました。

| 旅行 | comments(2) | - | posted by イロハモミジ
スポンサーサイト 20:16
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








久し振りにアンコールワットを懐かしむことが出来ました。30年前にバンコク駐在中にポルポト残留兵の狙撃に注意しながら国連兵に見守られて訪れた遺跡群が観光地として安全に見られる様になった様子に感動しました。沢山の最新の写真を見せてくれて有難うございました。
posted by こまくさ | 2018/05/17 4:26 PM |
こまくさ様 コメントありがとうございます。
いつもお世話になります!

カンボジアもベトナムも大変な時期があったんですね。
こうして今、観光して歩けることはありがたいです。
今まで知らなかったことを現地に立って初めて知り
色々学ばせていただきました。
posted by イロハモミジ | 2018/05/20 10:49 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>